going Homeclick
*  5687 Push Pull Amplifier for Head Phone


5687pp

Next model is 5687 Push Pull Head phone Amplifier 0.8 W rms
ECC83 drive and output are 5687 .Differential push pull right now
Differential input.just doing built up amplifier on Nov 2008.
amplifier indicate next at back view
picture is ECC82 but actualy amplifier using 5687 Tung sol.Tung sol NOS is
sound good.cathode LM317 bias resistanse around 70 ohm or lower is better.

最初は終段がECC82だったのですが、最終的には5687としました。ご存知の通りヒーター電流は6L6などと同じ
0.9Aですので、この小さなMT管ですので、かなり熱くなります。LM317Pの調整抵抗は33オームになりました。
差動入力の回路のカソードに取りつける定電流回路は2SK30と抵抗で実験で製作して下さい。
入力のボリュームは出来ることなら左右 独立型にしたボリュームを取りつけた方がバランス面で良好です。
S/Nのとても良いアンプを実感できると思います。たった1.2Wですが、91dB/m/w以上のスペックのスピーカー
を持っておれば、がんがん鳴らせます。でも所詮 1.2W です。
1.2W rms がんがん鳴らせますが、この球大変 熱いのでまわりの環境に大変影響を与えます。

本来のヘッドフォーンアンプとしては、かなり優秀なアンプであることを認めます。カナル(inner型)の
ヘッドフォーンでない大型のヘッドフォーンでこのアンプの能力を発揮できます。広い帯域、、S/Nの良い
アンプです。ヘッドホーンに使うには素晴らしいアンプですよ。簡単なアンプです。回路を見ると確に10Wクラス
のアンプと何も変わらない構成です。
なお、出力トランスは春日無線のKA-8-54P(Kasuga Transformer)です。

一時、ドイツ系の企業放送機器会社(ゼンハイザー・ジャパン社)で働いていた時にテスト致しました,
ところでここの会社のハイエンドモデルのヘッドフォーンは大変音が良いのです。これも澄んだ音がするのです。こっちは
聴く方ですが、素晴らしいの一言でした。Sonyにはトータルで7年近くいました。大昔の1976年ころと2008年ころです。
あそこでいっぱいSonyの修理品を直しましたね、音が良いと思ったのがTA-F555 です。あの黒いアンプです。
音が大変よろしい、真空管アンプの音がしました。2A3,300B シングルで大変良く調整されたアンプの音に似ています。

2A3 シングルの音です。過去にこの音を半導体アンプで聴いたのはTA-F555と川越にある小さなオーディオメーカーの高いアンプの音
それも素人が作ったアンプなんですよ、その音に似ています。大きなアンプでその音の傾向はJeff Rowland Model 8の音です。
Jeff Rowland Model 8 とても重くて大きなアンプです。歪感の大変少ない音です。とても良い音がします。高価です、
でも真空管アンプは
2W以下で聴く2A3シングルの音ですがとても良いのです。
XE20S 旧TANGOのトランスの2A3シングルアンプの音には
勝てない、これは素晴らしい音なんです。
ところで
その会社(ゼンハイザー)の商品でハイインピーダンス仕様の駆動の難しいドライバーさえも十分なドライブをしてくれました。
推奨は、オーディオテクニカのハイエンドモデルです。最終的な回路は下段に示します。
私のTest ヘッドホーンは、Sony MDR33 とPioneer の低価格モデル SE-M390です。
Sony MDR33 で聴くと粒の細かい繊細な音を楽しませてくれます。
問題点:
スピーカーを駆動するパワーとしては、まあまあ、100点満点なのですが、1 ワット近く出ていますし
ところが、ヘッドホーンアンプとしては、詰める必要があります。
それは、電源トランスからのリーケージです。シャーシが小さい為にほんの僅かですが、音を絞った時に
ハム音が発生しています。能率の良いヘッドホーンで聴くと耳ざわりな音が出ています。音楽 Jazz,fusion
などを聴いているとわかりませんが、クラシックではわかってしまいます。前回のEL91PPも同様でした。
なるべく、出力トランスを電源トランスから遠ざけるしか方法はありません。または高級なトランスを使う
しかありません。球を抜いた状態でわずかに聴えるのですから仕方がないのです、これがトランスを使った真空管アンプの
宿命です。DC/DCコンバーター使うのも良いと思います。
21stSep2009/update 18thNov2016



and Top view is next


TOP View 5687 Push Pull Amplifier 2009



circuit is above 5687 Push Pull diferential Amplifier for Head Phone



last up date 19th Nov 2016 from Sakura Chiba Japan

Home

6BM8 PP Head phone Amp製作

真空管プリ+DAC製作>


Here to ClickEdited by Blue Fish

Since 11st Nov 2007
最終回路


こっちは英語版です。

This Site is a part of Single Ended Amplifier D.I.Y

2003-2016

inserted by FC2 system